BridgeHeaD
世間様ではオタクと揶揄されている類の人間が管理するブログ。ヲタってのは基本的に隠遁者であるべきだというのが持論です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
少し見上げた空 出来過ぎた日常
どうやら今年の紅白には水樹さんが出場されるらしいですねw
もともと紅白自体もう何年もフルで観ていないんですが、今年は水樹さんが出るパートくらいは目を通しておこうかなあとか思ってます。

ただまあ、ゴールデンタイムのお茶の間のテレビに声優さんが映ったときの、あの何とも言い難い気まずい雰囲気が全国規模で繰り広げられるのかと思うと、つい胸がキュンキュンしますw プルプルプ(ry

ってゆーか、そもそも一体どの曲を歌うんだろう?
普通に考えれば、深愛あたりでしょうか? まさかとは思いますけれど、なのはやロザバンは歌いませんよね?w そしてまさか、会場でオタ芸なんてやりませんよね?w

個人的には紅白なんてどーでも良いから、それよりもむしろNHKさんにはラジオのアニソン三昧を復活させて欲しいです。去年で終わってしまったとはいえ、自分みたく復活を望んでいる人もかなりいると思うのですがw



話変わって、二日前の日曜日のこと、曲芸ことサーカスさんの社屋から出火、建物が半焼してしまったらしいです。原因は未だ不明のようですが、どうやらデータ等は無事でDCⅡFLは予定通り発売が可能とのこと。
エロゲー会社がこうやって災厄に見舞われるのを見ると、もう何年も昔にあったアボガドパワーズの水道管破裂事故を思い出してしまうんですが、流石に今回のはあの時ほどにはダメージを負っていないようで……でも、半焼してるからなあ。何はともあれ、今後ともサーカスさんには頑張って欲しいものです、ええ^^




>よくわかる現代魔法(2)(漫画レヴュー)
「アニメの方は途中で切ったのでせめて漫画の方くらい」程度の気概でもって読み始めたのが最初なんですが、どうやらこれで連載終了のようですね、これはこれで感慨深いものがあります。
や、お話はそれほど琴線に触れないものの、キャラデザはツボりまくってるんでw
よくわかる現代魔法 2 (ジャンプコミックス)よくわかる現代魔法 2 (ジャンプコミックス)
(2009/11/04)
桜坂 洋宮下 未紀

商品詳細を見る


>暗夜行路(前篇)(書評)
志賀直哉の作品はかなり自分好みな作品が多いのですが、実は暗夜行路は読んだことなかったんですよね。いや、長編なのでそれだけで読むのが億劫になっていたと言いますか…w
何でだろう、お栄が凄く可愛らしい。っていうか、何で純文学の登場人物にいちいち萌えてんだよ、自分はw
暗夜行路〈前篇〉 (岩波文庫)暗夜行路〈前篇〉 (岩波文庫)
(2004/05)
志賀 直哉

商品詳細を見る

あのヌルヌル感は人をダメにする
んー、アニメ版のイレブンアイズが次第に原作から逸脱してきた気がする。
しかも心なしか、作画が乱れ始めていると感じるのは自分の気のせいか……えっ? 気のせいじゃない(ry
というより、そもそも1クールの予定だと聞いているんですが、アレを十二三話で纏めるのは無理なんじゃないかと踏んでおります。だからこそ、原作から逸脱してきたと考えればよろしおすのかもしれまへんがw



ちょ、コミケ77での音泉ナツメブラザーズ!の物販が「鈴のブラジャー」なんて一体どういう了見やねん!wと、ついくちゃくちゃ声を荒げてツッコミを入れてしまいましたΣ(∵)
(参)http://www.onsen.ag/blog/?p=7014
いや、チャンピオンREDいちごの付録じゃないんだからさw まあ、これはこれで需要がありそうではあるが…w
ああ、ちなみに自分は買いませんからね!w っていうか、最近では本編ラジオの方ですら殆ど拝聴しておりませんし。


GA大賞用の原稿を何とか書き上げて、目下のところ全力で誤字脱字修正作業に入っております。まあ、そもそもこういうのは自分の趣味でやっていることなので、別に〆切に間に合わなくっても出さないだけで済む話なんですけれど、せっかくなので最後までやり遂げておきたいです、はい。


それと昨日からマクロスFの劇場版が公開されたようですが、どういうわけかあんまり観に行く気が起こりません。これでもガンダムシリーズよりはどっちかってゆーとマクロスの方が好きな新谷なんですけれど、Fが個人的にはそれほどツボらなかったのが原因かもしれませんw とはいえ、少なくともレンタル入荷したらゲオかTSUTAYAあたりで間違いなく借りるとは思いますが…w



>Kiss×sis(5)(漫画レヴュー)
今までりこ姉派だったのですが、ごめんやっぱり俺、先生派だわ。
というより、あの先生って腐女子だったのですね!一気に好感度アップです!w(マテ
漫画の帯に書かれていたんですが、これってマジで「TVアニメ化」するんですかね、まさかのw
そういえば『おまもりひまり』もTVアニメ化が決まっていた気がしますが、こういった作品は本当に地上波に乗せて放送できるのか激しく気になるんですけど…w
Kiss×sis 5 (KCデラックス)Kiss×sis 5 (KCデラックス)
(2009/11/20)
ぢたま 某

商品詳細を見る
A.B.アレスタ・ブランケットはエロ担当なのか?
新インフルエンザが猛威を振るうなか、今更ながらに季節風インフルの予防接種ぐらいは受けておこうという思いに至りました。
しかしながら、こんな時期となってしまっては、吉祥寺中の病院に連絡してみたにもかかわらず、どこも在庫切れとのこと。いや、新型は年齢制限が設けられていて仕方ないにしろ、季節風は普通に受けられると高を括っていました。正直、甘かったっすw



思うんですが、ファイト一発充電ちゃんの作中で放送されているあの魔女っ娘アニメ、あれは地上波で放送しても良いレヴェルなのかどうか頭を悩ませてしまうのですが……。触手で手足を拘束されるのはお手の物、前回なんかは主人公が口に汁っ気たっぷりの触手を突っこまれて、アヘ顔っぽいのになっとったんですがw



いつの間にかニコ動に『海外オタクの名言』の新シリーズが投稿されていたことにようやく気づき、今日はそれに目を通していました。
(参)http://www.nicovideo.jp/watch/nm8714954
新谷的には、何気にこのシリーズが好きなのでありますw

なお、今回のは『けいおん!』に対する海外ヲタたちの反応を集めたもの。
いや、向こうでも澪が人気なんて、海外の人たちも日本人と同じ感想を抱いたりするんだなァとか、ついついグローバル(?w)な思考に走っていました。
次は化物語に関するコメントだそうで、それもちょっと楽しみにしています^^



>聖☆おにいさん(4)(漫画レヴュー)
や、漫画喫茶でギャグマンガを読むってのは確かに苦行かもしれませんw
相変わらずシュールの一言に尽きるんですが、個人的にはお焚き上げで原稿送付ってのが一番笑えた気がします…w
聖☆おにいさん 4 (モーニングKC)聖☆おにいさん 4 (モーニングKC)
(2009/10/23)
中村 光

商品詳細を見る


>O・ヘンリ短編集(2)(書評)
『賢者の贈り物』や『二十年後』といった有名な作品は以前にも何度か読んだことがあったんですが、それ以外の作品に目を通すのは何気に初めてです。ちなみに外国文学は余り読まないんですけれど、その中でも英文学と独文学は数少ない例外だったりしますw
二巻におさめられている短編の中では、『犠牲打』という作品が一番心に残ったですます^^
O・ヘンリ短編集 (2) (新潮文庫)O・ヘンリ短編集 (2) (新潮文庫)
(1987/02)
O・ヘンリ

商品詳細を見る
教えてくれ、五飛! 俺はあとどれだけ曲芸商法に付き合えば良い?
今日は、ニコ動にうpされていた『大曲芸大会』の一部を視聴していました。
いや、自分はこれでも曲芸のゲームは少なくとも10作以上は買わされてる人間だし(笑)、CIRCUSさんというのは葉鍵と並んで自分の人格形成に極めて大きな影響を与えたメーカーなので、今後も幾らともDCで引っ張ったり商法に走られたとしても、こっちはちゃんと買い続ける所存ですよ?w いや、他にどうしろって言うんですか?!w これがファンの性ってヤツですよww

大曲芸大会は、本当は一週間以上前にニコ動生放送で放送されたものですが、残念ながら自分はリアルタイムで観られなかったのでありました。

……で、個人的に耳目を引いたと思われるのは、やはり新作発表。

要するに、移植を除く『D.C.Ⅲ』『D.C.V』『D.C.Zero』の三つ。

Ⅲ自体は団長が以前から作る作る的なことを言っていたので、こっちとしても「とうとう来たか!w」って感じですけれど、ちょ、VやZeroはど~~っから突っ込もうか頭を悩ませてしまいます(笑)

あと、ちょっと気になったのがDCのヴァイスシュヴァルツ関連の情報。
尤も、最近はめっきりとヴァイスの大会に足を運ばなくなってしまったので、例えどんな発表されてもどうということはない!のですけれど…w


尤も新谷は、やっぱりかつての水夏みたいな曲芸の枠を破るような作品が今のCIRCUSさんには必要だと思ってます。いや、確かにプリパ(Princess Party)は型破りだけど、自分が言いたいのはああいうガッデームジュテーム路線の作品なんじゃなくて(ry
まあ、DCでもってる間は何とかなるかもしれませんけれど、それが切れたらかなりヤヴァイんじゃないかってこってす。どうやらスタッフさん方もそれは重々承知しているらしく、CIRCUSさん公式サイト上のリクルート欄でも『ダ・カーポが嫌いな方募集!』等と記載されていたので、恐らく他にもヒット作を立ち上げようと躍起になっているんでしょうw 何はともあれ、CIRCUSさんには今後とも頑張って頂きたいものです^^



鋭意執筆中の作品が、現在ようやく60ページまで到達しました。このペースなら何とかGA大賞の〆切に間に合いそうです、良かった良かったw でも欲を言えば、もっとプロットを練ったり推敲を重ねたりする時間が欲しかったとです。まー、それもやるべきことを後回しにした自分の浅薄さと遅筆っぷりを呪うしかないっすねw

>べるぜバブ(3)(漫画レヴュー)
葵ちゃんが無駄に可愛いとです。っていうか、葵ちゃんしか萌えられるキャラがいなかとです。
べるぜバブ 3 (ジャンプコミックス)べるぜバブ 3 (ジャンプコミックス)
(2009/11/04)
田村 隆平

商品詳細を見る


>そらのおとしもの(7)(漫画レヴュー)
新刊が出てるなんて、店頭で見かけるまで気づかんかった!w というより、つい最近6巻が発売されたばかりだと記憶しとるんですが……。まー、アニメが放送されて注目を集めている最中にどさくさに紛れて売り込んでしまおうという商売魂胆なのでしょうw いや、そういう貪欲さ、自分は嫌いじゃないですよ?w
……で、内容にも一応触れておきますが、何やら新しい(21)っ娘エンジェロイドが出てきました。
ちょっとですね、私気づいちゃったんですけど(笑)、よくよく考えてみればこの漫画にロリキャラっていませんよね?w 姉属性持ちな自分には……ま、いらぬところかも知れませんが(笑)
そらのおとしもの (7) (角川コミックス・エース 126-14)そらのおとしもの (7) (角川コミックス・エース 126-14)
(2009/10/25)
水無月 すう

商品詳細を見る

誰にも負けないよ、君への気持ち、想いをカタチに変え
良かった良かった、BALDR SKY-Dive2-のマスターアップが告知されました。
とはいっても、発売日まであと二十日足らずだというのに、どういうわけか店舗特典の発表が全然出揃っておりません。流石にこれ以上引きずるわけにもいかんので、自分は痺れを切らして吉祥寺のヨドバシカメラで予約して来ましたです。や、どっかの店舗の通販を利用しても良かったのですけれど、やっぱり自分の足で店まで赴いて購入した方が感動も一入やし、何より最近は『さくらさくら』をプレイしておりまして、青山ゆかりさんヴォイスを聞いているとついヨドバシカメラに足を運びたくなるのでありますw(ヒント:TVコマーシャル)


金曜日は友人とカラオケに行って来ました。
渋谷だってこともあるのでしょうが、金曜日だということもあって店内には人が溢れ返っていました。

一般人の友人と一緒だったので、あんまり痛い路線には走れませんでしたけど(別に走りたいとは思っていないがw)、新曲アニソンや何やかんやはボチボチ歌ってきました。

へえ、けんぷファーや11eyesはもう配信されているんだなァとか、プリラバ(原作)の方のOPもようやっと配信されたんだなァ……で、パープルソングの配信はマダー?(・∀・)っ/凵とか考えながら過ごしていると、あっという間に過ぎ去った二時間半なのでございました…w

それにしても、化物語ソングも幾つか歌ったのですが、久しぶりのカラオケでなおかつ実際に歌うのは初めてだったので、ケッコー微妙なものがありましたです。はぁもっと練習せんと……。



ってゆーか、けんぷファーの第六話、今度の臓物アニマルの中の人は能登さんかw
いや、しずかちゃんや水樹さんやゆかりんや臓物アニマルのやり取りがかなりカオスなんですが、特に野村道子さんヴォイスでああいう台詞を喋られるといちいち吹いてしまうですw


>バクマン。(5)(漫画レヴュー)
まったく、新妻エイジといい今回の平丸先生といい、漫画家ってこういう奇特なタイプの人が多いのだろうかw 確かに言われてみれば、普段からああいう電波を出しているような人やインスピレーションに溢れているような人の方が漫画家向きなのかもしれない。いや、漫画家の人にリアルでお会いしたことないので知りませんけどw
普段知ることのできない漫画家さんの苦悩や裏事情といったものが垣間見られる気がして、普通に面白いです。
バクマン。 5 (ジャンプコミックス)バクマン。 5 (ジャンプコミックス)
(2009/11/04)
大場 つぐみ

商品詳細を見る





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。