BridgeHeaD
世間様ではオタクと揶揄されている類の人間が管理するブログ。ヲタってのは基本的に隠遁者であるべきだというのが持論です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Paradoxon
自分がこうやってブログを書くのには、ちょっとした「生存報告」的な意味合いもあるのですが、この「生存報告」という言葉がここまで深く、そして重い意味を持つことを知らされる出来事がありました。

暇つぶしがてら、自分は一日一回は「痛いニュース」に足を運んでいる人間なのですが、ここで痛ニューで見つけた記事をば――、
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1329717.html
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1330166.html

TVのニュースにもなっていたので、知っている人は知っているかと存じますが、例の結婚詐欺事件でございます。

被害者のブログの記述から、男性の自殺の事件性が明らかになり、芋づる式に過去の容疑がズルーっと白昼の下に晒され始めているというものなのですが、被害者の方のブログには過去のログがそのまま残っています。過去の日記を読んでいると、男性自身結婚を心から喜び、楽しみにしていたようで、単に「人が亡くなった」というよりも遥かに等身大の出来事として感じられました。

仮に男性のブログがなかったらこの事件も自殺として片づけられいたかも……と思うと背筋が凍りますし、実際にこういう形で一矢報いることが出来たとしても、やはり亡くなられている以上、ただただ残念でなりません。

そして、年齢は違うものの自分の趣味と被害者の方のそれとは、共通している部分も結構(っていうよりかなりw)多く、そういう意味でも他人事とは思えない出来事でした。謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

事件の経緯もそこまで詳らかにされていないので、容疑者の方に対する非難は自粛しておきますけれど、自分としてはやはり可及的速やかに真相が公になるのを祈るばかりです。







……で、あとはいつものように小スペースを利用して簡易レヴュー。

>アットホーム・ロマンス(3)(漫画レヴュー)
どうやらこれで完結のようで、個人的な欲をいえばもうちょっと連載して欲しかったなあ……。
そして漫画の帯曰く「サイン入り姉ペーパークラフト」を抽選で一名様にプレゼントとのことらしいのですが、ちょ、応募先が「姉ちゃん…ハァハァ…たまらんよう!」係ってw ハガキ区分中の郵便局員さんが見たら卒倒してしまってもおかしくないような宛先ですが、それでも応募するのが新谷クヲリティでございますw
アットホーム・ロマンス (3) (まんがタイムKRコミックス)アットホーム・ロマンス (3) (まんがタイムKRコミックス)
(2009/10/27)
風華 チルヲ

商品詳細を見る

あんまり上のレヴューみたいなものばっかり書いてても、野卑なブログだと思われかねないので(いや、実際そうだろ?w)、たまには以下みたく真面目な書評も書いておくこととします。

>仮面の告白(書評)
ようやっと読み終えました。何だかんだで読了するのに、二三カ月かかってしまっていました。
ただまあ、何と言うか……主人公の心理の、あるいは言葉の皮相の意味は理解できたものの、自分の理解はそこまでにとどまり、最後までどうも気が乗りませんでした。分かり易く言えば、自分はもともとアッーな趣味は全然ないので感情移入が殆ど出来なかったってこってす。しかしながら三島氏の、巧緻を尽くしたようなレトリックとしての比喩表現や、それによって描かれる葛藤の様相はただただ凄いと賛美する言葉しか見つからず、ホントそういうとこばっか目をかっぽじって読んでおりました(←や、目をかっぽじったら何も見えませんからw
仮面の告白 (新潮文庫)仮面の告白 (新潮文庫)
(1950/06)
三島 由紀夫

商品詳細を見る



さっきチラッと目にしたポチたまのCMにBGMとして「岬めぐり」が使われていました。あのアニメあのEDのせいで、この曲を耳にするたびに脊髄反射的にパン(ryしか思い出せない体になってしまいましたw
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。