BridgeHeaD
世間様ではオタクと揶揄されている類の人間が管理するブログ。ヲタってのは基本的に隠遁者であるべきだというのが持論です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
偽りのこの場所で、夜明けを待ち続けた
唐突ながら、自分は余りテレビドラマを観るような類の人間ではございません。

まあ、単発だったり隔週だったりチラッと目を通すことはあっても、毎週欠かさず連続視聴していたドラマなんて、もうここ何年もありません。

観ているテレビ番組も、気がつけば九割方がアニメと映画というごらんのありさまだよ状態です。


ただ、そんな自分がどういうわけかTBSドラマ、『JIN-仁-』にハマってしまい、今日まで三話を欠すことなく観てしまっています。ショージキ、自分が毎週欠かさず同じドラマを見続けているってのは個人的には奇跡にも等しく、そういうわけで感極まってつい筆をとって……もといキーボードを叩いてしまい、とにかく書き留めておきたく思ったのでしたw

ちなみにこのドラマを内容を簡潔にまとめるとこんな感じ。
現代の医者、南方仁はどういうわけか江戸時代にタイムスリップしてしまう。病に苦しむ江戸の人々を前にして、「医者として助けるべきか」あるいは「自分の医術は歴史を変えてしまうのではないか」、そんな二者択一な選択を迫られる主人公。そこに幕末の日本という時代的状況も一緒となって、物語は動き始める。


どうでも良いですけれど、いやしくも自分が主人公の立場に立たされることがあったなら、先ず間違いなく葛藤なんて無視して人々を治療しちゃいそうです。だってなんか、主人公の葛藤ぶりを見ててもどかしかったですもんw 未来を変える云々なんてどーでも良いから、早くコレラの治療法を教えてやれよ!ってな感じでw

ってゆーか、どうも自分はせっかちな性分をしているようで、他にも例えばイージス艦ごとWWⅡにタイムスリップしちゃうみたいな立場だったら周りの事情なんて意に介さずにハープーンとかアスロックとかバンバン撃っちゃいそうですもんw

いや、まーあの手の物語は主人公が葛藤しなければそもそもお話が成立しないので、そういう意味では仕方ないのかもしれませんが…w

――アレ? でも戦国自衛隊は結構普通に近代兵器を使っていたような(ry




>SignalHeart-シグナルハート-(パソゲーレヴュー)
SignalHeart シグナルハートSignalHeart シグナルハート
(2009/09/25)
Windows

商品詳細を見る

本作と『メモリア』と、パープルさんも極めて短期間に2本連続で作品を世に送り出したまでは良いのですが、残念ながらその分クヲリティの低さが目立ちました。個人的にはパープルさんのゲームは、下手にシリアスに凝ったシナリオゲーよりも寧ろ萌え&キャラゲーの方が好みなので、新谷としてはメモリアよりもこの、シグナルハートの方が気に入りました。他人の評価を見る限り、「渚がウザい」という旨のレビューが大勢を占めていましたが、自分は悠樹真琴氏の絵が大好物なせいか、渚が一番可愛く思えてしまいましたw ってゆーかそもそも、真雪が攻略できないなんて一体どういう了見(ry……ハッ! コレはまさかFD化フラグなのか?w
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。