BridgeHeaD
世間様ではオタクと揶揄されている類の人間が管理するブログ。ヲタってのは基本的に隠遁者であるべきだというのが持論です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Not even justice, I want to get truth.
検察の取り調べ終了後に小沢氏が記者会見を開くだとかで、生中継を心待ちにしつつテレビにひっついていたのですけれど、どうやら生で放送しているのはBSだけのようで……。残念ながら地上波しかとっていないので、結局世界一受けたい授業をずっと観ていました。まあ、後々どっかで動画がうpされると思うので、記者会見の模様は近いうちに観られるでしょう。

それはさておき、一月中の更新が一度だけというのも余りにアレなので、なんか適当に思ったことを綴っておきたく思います。


・まずは劇場版なのはについて
思えば本日から公開らしく、アルファルファモザイクさんにてちょっと見かけたのですが、どうやら深夜から並んでおられた猛者もいるようです(笑)
かくいう自分もすっげー観に行きたいのですけれど、まあ、今はそれどころやあらへんしってことでいつになるかわからん次第なのでありますw
以上、なのは劇場版について

はい次ッ

・パソゲー『太陽の子』について
公式サイトにていつの間にやら新しい情報が更新されていました。
案の定といえば案の定、三人のライターごとにシナリオを担当するキャラを分けるようで、今回はるーすぼーいさん&有葉さんプロデュースのキャラクターデザインが公開されました。
今回更新されたサイトには他にも寄せられた質問に対するQ&Aのようなスペースもあって、そこには以下のようなちょっと目を引くやり取りが……、

Q、キャスティングとかは、各ライターの希望で?
A、なるべく各ライターの希望に添えるように動きます。 特に候補が出ていないキャラはタカヒロがキャスティングしてます。


ちょ、タカヒロさんのキャスティングっていうことは、毎度のことながら声優さんで遊びまくるフラグがビンビンなんですがw

まあ、この分だと発売までかなーりありそうだから、首を長くしつつ気長に待つこととします^^




このラノ大賞云々って以前言っていた気がしますが、何とか無事に二作品を完成させて応募することができました。〆切的には正直一作品でぎりぎりかなーと踏んでいたのですけれど……とにもかくにも間に合ってよかったよかったw
今はネクストファンタジア大賞用の作品を鋭意執筆中でありまして、っていうか、もうほとんど完成しています。ちなみに全85ページくらいの作品で、応募規定が50~90ページなので、枠に収まるよう何とか文量を抑えてみました。さーて、次は電撃、その次はえんため大賞っすかw まー、構想だけは複数あるんで時間があったらネクストファンタジアの方にも二作品応募したいなァ……なんて、捕らぬ狸の皮算用に精を出しているのでありますw


>ダイヤのA(19)(漫画レヴュー)
ダイヤのA 19 (少年マガジンコミックス)ダイヤのA 19 (少年マガジンコミックス)
(2010/01/15)
寺嶋 裕二

商品詳細を見る

基本的に主人公はおバカな方が好きなので、沢村の活躍するところが観たかったのですけれど、どうやら今巻ではまだ出番が回ってこないようで……。その代わり青道の真のエース、丹波がマウンドに戻ってきました。まー、そのうち否応なく沢村にも登場シーンは回ってくるでしょうw

>サキ傑作集(書評)
サキ傑作集 (岩波文庫 赤 261-1)サキ傑作集 (岩波文庫 赤 261-1)
(1981/11/16)
サキ

商品詳細を見る

以前から読んでみたいとは思っていたのですけれど、今になるまで機会に巡り合わせることができませんでした。
たとえばO・ヘンリの短編はかなり好きなんですが、このサキの短編っていうのはヘンリのとはまた大きく違っていて、「えっ? これって主人公すくわれなくね?w」みたいなエンディングが多々見受けられました。O・ヘンリエンディングの特徴は読者を驚かせつつも、登場人物たちにとっても好ましい幕引きをすることなのであります。が、サキはそれとはまったく正反対で、むしろブラックユーモアのきいた幕引きと言った方が近いかもしれませんw

スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。