BridgeHeaD
世間様ではオタクと揶揄されている類の人間が管理するブログ。ヲタってのは基本的に隠遁者であるべきだというのが持論です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初詣でに行って来た……なの
早いものでもう一月も半ばを迎え、新年の喧騒も大分落ち着いてきたかと思います。

さて、折しも番組改編期なので、新期アニメのレヴュー総括でも書こうかと思っていたのですけれど、未だあんまり観られていないのでその話題はまた今度日をあらためて……。

……で、正月新年関連で何か書きたかったのは山々だったのですが、年末年始は一貫してインドア生活を送っており、特筆すべきよーなネタやイベントも起こっていないので、一体何を書こうかと頭を捻っている次第なのでございますw
まー、せっかくの機会なので、ネタを強引に捻出させていただきまして、今回は初詣での話題でも。

ところで、自分は上京をして以来、毎年初詣では九段下の靖国神社に足を運ぶようにしております。

三が日は間違いなくごった返すると思うのでその間の参拝は避け、本年は少し人の気が落ち着いてから行って来ました。その上、靖国神社に到着した時間が午後三時過ぎだったので、人混みに煩わされることもなくゆったりとした初詣でとなりました。

ほいでもって、参拝の情景が少しでも伝わり易いよう写真でも載せようかと思ったのですけれど、神妙な感じのする本殿や鳥居をカメラにおさめるのは流石に憚られました。

……で、代わりと言ってはなんですが――、
zero-fighter01
同神社の境内に佇む『遊蹴館』にて撮影してきた写真をうpしておきますです。

ちなみに場所はエントランスの辺り。被写体は零戦52型。
零戦の中でも日本軍機無敵神話を誇ったのは初期の21型ですけれど、この52型は中期から大戦末期にかけて帝国海軍を支えたタイプなのであります。ちなみに新谷は数多く存在する零戦の派生タイプの中でも52型丙が一番好きなのですけれど、ここに展示されているのは通常の52型でありました^^

そして写真の奥の方にチラッとだけ写っておりますが、零戦の尾翼のちょうど後ろのあたりにはショーケースが二つ三つ並べられています。…で、その中に何が展示されているのかと言いますと、零戦の特徴の一つとも言えるかの有名な二十ミリ機銃なのです。いちおー機銃とは銘打っていますけれど、定義によっては二十ミリって機関砲に分類されるほどの大口径なので、間近で目にした際のその迫力は圧巻でした。



>れでぃ×ばと!(2)(ラノベレヴュー)
れでぃ×ばと!〈2〉 (電撃文庫)れでぃ×ばと!〈2〉 (電撃文庫)
(2007/01/06)
上月 司

商品詳細を見る

アニメ版ののキャラデザがあんまりツボらなかったので、アニメの方は全力でスルーする所存なのであります(笑)
そこはかとなく『かのこん』に似てるなァと思っていたら、案の定製作はXEBECさんでしたかw
ただ、原作の方だけは一応目を通しておくつもりです。ってゆーか、大地が可愛すぎます。って、アレ?別に自分……、ボクっ娘属性なんて持ち合わせてなかったハズなんだが…。


>おまもりひまり(6)(漫画レヴュー)
おまもりひまり 6 (ドラゴンコミックスエイジ ま 1-1-6)おまもりひまり 6 (ドラゴンコミックスエイジ ま 1-1-6)
(2010/01/07)
的良 みらん

商品詳細を見る

あれ? アニメ版は観るつもりでいたのに、ウチの地域じゃ写らない……だと?!
まー、DVD版が発売されたらレンタルするなり中古で買うなり何とかするつもりなんで、別にいっかって感じなのではありますが…w
なお6巻は静水久メインのお話って感じ。くえす&リズ好きな自分にとってはちょっと酷な巻でしたが、まー、まったく見せ場がなかったわけでもないので、これはこれでアリでしょう(笑)
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。