BridgeHeaD
世間様ではオタクと揶揄されている類の人間が管理するブログ。ヲタってのは基本的に隠遁者であるべきだというのが持論です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
出発進行、僕は未来へ走り出すよ
今日は諭吉大学……、じゃなくてノックアウト義塾大学にて開催された橋本みゆきさんのミニライブに参加して来ました。

ちなみに場所はノックアウト義塾のSFC、つまりはスーパーファミコ(ryじゃなくて湘南藤沢キャンパスというところです。ただ、アクセス条件が余り芳しくないせいか、会場となった大学講堂内にはチラホラと空席も見受けられました。

まー、交通費という条件を顧みなければ、チケット代は1500円となかなかにコストパフォーマンスの良いもの。
なお、今回のイベントは、事前に参加者に対してウェブアンケートを行い、その結果を基にライブでのセットリスト等を決めるというものでした。実際の選曲は全部で5曲だったのですけれど、そのことからも今回のイベントがいかに小ぢんまりしたものだったのかお分かり頂けるのではないでしょうか?w


ちなみにみゆきさんが実際に歌われた5曲はこんな感じ――、

(1)Glossy:MMM(『咲-Saki-』OP)
(2)恋桜(『春色桜瀬』OP)
(3)White Crystal(『メモリア』OP)
(4)秋色(『秋色恋華』OP)
(5)微熱S.O.S!!(『アイドルマスターXENOGLOSSIA』OP)


割かしタイムリーな咲OPから始まったミニライブ。そういえばこの前の渋谷O-EASTでのワンマンライブの際も、Glossy(ryを結構前の方に持ってきていましたが、この曲の雰囲気って何気にみゆきさんらしいですよね~。
ただ、残念ながら、事前アンケートの結果では大半の人が『跪くまで5秒だけ!』の方がイメージにぴったりだと思っていたようですが…w ってゆーか、サーセンw 自分もその一人ですw

そしてちょっとびっくらこいたのが、二三曲目の選曲。
前者はともかく、後者なんてタイムリー過ぎるんですが!(笑)

そして四、五曲目は今更言うまでもなく、みゆきさんのライブでの鉄板ソング。


イベント自体は全体で一時間半ばという短いものでしたが、その分お笑いトークの充実した中身となっておりました。さすがランティスの芸n(ry
っていうか、(暫く前に終わってしまった)ラジオ宜しく、何故かみゆきさんは恒例罰ゲームのセンブリを飲まされていたのですが、あの光景を生で観られたのが地味に嬉しかったですw ひょっとしたらライブより嬉しかったなんて(ry



>えびてん(1)(漫画レヴュー)
金森がひたすら苛められるのを、ただただ堪能する漫画。それと女装。
えびてん 公立海老栖川高校天悶部 (1) (角川コミックス・エース 187-3)えびてん 公立海老栖川高校天悶部 (1) (角川コミックス・エース 187-3)
(2009/10/10)
狗神 煌

商品詳細を見る

スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。