BridgeHeaD
世間様ではオタクと揶揄されている類の人間が管理するブログ。ヲタってのは基本的に隠遁者であるべきだというのが持論です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は何の日?フッフ~
さて、この記事のタイトルのごとく、今日は何の日でしょう?

ええ、そうです。今さら言うまでもありませんね――本日12月25日は、ネロとパトラッシュの命日です。
誰もが家でひっそりと慎ましく過ごし、国民が喪に服すべき日であります。久米田ファンの方々には、今更説明するまでもありませんよね?w

自分もこのしきたりに則って、本日は家でのんびり過ごしておりました。


――え? 『今日はクリスマス』だって? 一体、何言ってるんですか!? クリスマスなら民主党の事業仕分けに引っ掛かってしまって、予算を削られて中止になったんじゃありませんでしたっけ?



そうそう、本日はF&Cより、Piaキャロ4が発売されました。
予約まではしていませんが、このシリーズには一応手を伸ばしておかなければ気が済まない性分なので、ほとぼりが冷めて値段が下がったら中古で買うつもりなのであります。

……で、個人的に気になっていることをつらつらと。
この「4」という表記でありますが、今まではG.O.とかG.P.とかスピンオフ的な作品ばかり世に送り出していたのに、どうして今頃になって数字表記に戻ったのでしょう? 言うまでもなく、Piaキャロ3が発売されてからもう十年近く経っております。同一のシリーズでここまで続いていることは称賛されるべきなのでしょうけれど、正直現在のPCゲー市場には余り向いていないのではないかと思うのです。

思えば3があれほど売れたのには、それ相応の理由がありました。
それはズバリ、橋本タカシ氏の原画です。キャラデザも非常に綺麗で、なおかつ多彩な属性を備えたキャラクターが多く登場していたからこそ、3はあれほど神格化されているのであります。

まー、3以降はGOとかGPとか今までずっとPiaキャロの王道から外れたような作品ばかりだったので、新作のこの4という表記はそういった王道への回帰をしてしているのかもしれません。もし本当にそうだとしたら自分としても嬉しく思うのであります。
っていうか、朱美さんが登場してくれているのが、唯一の救いかもしれません…w



>おおきく振りかぶって(13)(漫画レヴュー)
引き続き美丞大狭山戦。何と、クロスプレーで阿部が負傷してしまいました。ほいでもってキャッチャーは田島。
そもそも、サインを盗むのも一応の戦略だとは思いますし、いくら問題がないとはいえ、個人的には余り好ましいプレースタイルだとは思えません。なので、美丞のああいうプレースタイルは自分の好むところではありませんし、増してや客席からラフプレーの指示を出すなんてもっての外です。どうやら次巻で決着がつくようなので、14巻が待ち遠しくて仕方がありませんですw
それはそうと、アニメ版も二期の製作が決まったようで、そちらも等しく楽しみなのであります^^
おおきく振りかぶって Vol.13 (アフタヌーンKC)おおきく振りかぶって Vol.13 (アフタヌーンKC)
(2009/12/22)
ひぐち アサ

商品詳細を見る


>ゴルゴ13(126)(漫画レヴュー)
『ピンヘッド・シュート』>
世界的にも中国による少数民族の弾圧云々が騒がれる中、チベットを扱ったこういう話題はまさしくタイムリーだと思います。っていうか、鍼灸針を狙撃して事故死に見せかけたまではいいものの、室内から撃ちこまれた弾丸が見つかったらどーなるんかと思ってしまいました。まー、中国当局の人間も、この狙撃がゴルゴによるものであると看破していたようなので、事故死ではないとバレてもどーしようもないのでしょうが…w
ゴルゴ13 126 (SPコミックス)ゴルゴ13 126 (SPコミックス)
(2009/11/30)
さいとう たかを

商品詳細を見る



スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。