BridgeHeaD
世間様ではオタクと揶揄されている類の人間が管理するブログ。ヲタってのは基本的に隠遁者であるべきだというのが持論です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
俺色に染まる2010
マンネリ化を防ぐため(?)、とゆーか完全に自分の気分で、ブログの背景を変更してみました。
ってゆーか、もう何度も変えてますし、「この節操無しめ!w」とお考えになられるかもしれませんが、まー、これからも適当に変更していく所存ですので、長い目で見てやってくださいなw



話は変わって、脇の応援バナー欄を見て頂ければ分かりますよう、このブログは「たぬきソフト」を精力的に応援しております。というよりも、新谷が単に野々原幹氏の絵やキャラデザを好きなだけです(笑)

毎回の記事に目を通して頂いている方なら、ひょっとして(っていうより、間違いなくw)自分が極度の姉厨であることを看破していらっしゃるんじゃないかと思います。が、別にロリを差別している訳でもなく、(21)が嫌いっていうわけでもないのです。特に野々原幹氏の描かれるロリキャラは別格であり、『娘姉妹』や『姪少女』では色んな意味でキャラにハマってしまったのでありますw

…で、ここからが本題なのですけれど、本日12月18日はたぬきソフトの新作『微少女』の発売日です。

テレカの絵柄が決め手となってグッドウィルで予約することにしました。
※ちなみに、もともとハーフキャラは大好きなので、ゲームの方ではハルナに期待しています(笑)
東海圏の実家の方ならばグッドウィルに直接赴いて店頭予約出来たのですが、残念ながら今は東京に住んでいるので通販を利用させて頂きました。そしてついさっき現物が届いたのですけれど、やっぱりグッドウィルのテレカを選んで正解でしたw


微少女 初回限定版微少女 初回限定版
(2009/12/18)
Windows

商品詳細を見る


児ポ法改正問題のことを顧みるまでもなく、昨今において凌辱要素の強いゲームやロリゲーが問題視される中、流石に前作&前前作の『娘姉妹』や『姪少女』のようなインモラル要素は、今作の梗概を見る限り極力排除されているようです。まー、このご時世では当然って言えば当然かもしれませんがw

さっさとインストールしてプレイしたいのですけれど、残念ながらバルドのDive2にも余り時間が割けていませんし、そっちの攻略も残っているので、実際に遊ぶことができるようになるのはもーちっとだけ先になりそうです。



>嘘喰い(14)&(15)(漫画レヴュー)
嘘喰いも新刊の発売日を心待ちにしていて、なおかつこれでも漫画の発売日にはそれなりの注意を払うようにしているのですが、今回が(14)(15)と二巻同時発売だなんて知りませんでしたw 店頭で見かけて初めて気づきましたw
まー、こういうのは嬉しい誤算とでも言うのでしょうけれど……。
今まで何度も梶が腹を据えて文字通り命がけの賭けに挑むシーンはありましたが、今回ばかりはまるで別人のよう……。そしてファラリスの雄牛ちゅーとんでもなく恐ろしいモノが出てきましたが、ちょっとググってみたところ、アレってマジで過去に実在した処刑道具らしいですね。
嘘喰い 14 (ヤングジャンプコミックス)嘘喰い 14 (ヤングジャンプコミックス)
(2009/12/18)
迫 稔雄

商品詳細を見る

嘘喰い 15 (ヤングジャンプコミックス)嘘喰い 15 (ヤングジャンプコミックス)
(2009/12)
迫 稔雄

商品詳細を見る



>あきそら(3)(漫画レヴュー)
首を長くして待っていたあきそらの三巻です!w
咲月の痴女露出狂っぷりも良い感じに向上してきて、さらには近親相姦っぷりも増してきて、どう見ても一般向け漫画の域を超越しております。さすが、チャンピオンREDは「秋田書店の性的核実験場」と呼ばれていることだけはあります(笑)
とはいえ、姉厨新谷はアキねーちゃんマンセーなので、アキ姉の出番が少なくなりつつあるのが非常に悔やまれるのですが……。
あきそら 3 (チャンピオンREDコミックス)あきそら 3 (チャンピオンREDコミックス)
(2009/12/18)
糸杉 柾宏

商品詳細を見る
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。